令和6年度 うつのみや妖精ミュージアム企画展



 
(画像をクリックすると,拡大表示します) 【チラシPDFはこちら

  イギリスの絵本・児童⽂学といえば、みなさんは何を思い浮かべますか? 
 絵本といえば、「⼦どもが読むもの」。現代の⽇本ではそんな印象を与えがちですが、
イギリスではかつて昔、⼤⼈向けに販売されていた絵本がありました。
17世紀 ∼18世紀は書物は⾼級品で、庶⺠では⼿が出せなかったため、
薄い紙を重ねただけの絵本(=チャップブック)を読んでいたようです。
 本企画展では、そんなイギリスの 絵本出版の歴史を踏まえながら、どのような絵本が出版されていたのか、
またどんな絵が描かれていたのかをご紹介すべく、当館所蔵の中から選りすぐりの妖精絵本をピ ックアップいたしました。
きっと知っているお話や、本企画で初めて知るお話もあるでしょう。
 絵本を通して、様々な妖精との出会いをお楽しみいただけたら幸いです。